HOW TO

使い方・取り付け方

取り付け方

ハンモックの場合、片側に乗る方の重量の半分がかかります。
チェアハンモックの場合、総重量がかかります。
それを考慮した上で取り付ける側の強度が充分にあるか確認の上、取り付け作業を行ってください。
また、柱や樹木にロープを直接かける際はあて布を行ってください。柱や樹木、ロープの保護となります。
子供と一緒に使用する場合は子供が乗る前に大人が乗って、安全を確認してから使用してください。
設置場所や金具の取付が不安な方は当社へメールでご相談いただくか、ご近所の工務店や施工された住宅メーカーへご相談・ご依頼されることをお勧めします。
取付に関しては自己責任にてお願いいたします。
ハンモックはロープの張り具合で寝心地に大きな差が出ます。お好みですが張りすぎると窮屈な感じになりますのでゆったり吊るしていただく方が揺れもありリラックスできます。
また設置後も乗る前には毎回、安全を確認してからお使いください。

梁にロープをかけて設置

梁が出ていればあて布をし、ロープをかけるだけでもすぐに楽しめます。

ロープのご購入はこちら>>

柱や梁に金具を取り付けて設置

室内で使う場合、最初の取り付けは少し大変ですが、その後の設置、収納が簡単でおすすめです。
当社でも扱っていますがホームセンターなどでも購入可能です。

六畳の部屋に取り付けた場合を下記に掲載しておりますので参考になれば幸いです。

まずは柱の位置をセンサーや下地チェッカーで特定してください。
次に金具の取付け位置を決めます。
二人でハンモックの両端を持ち(取り付ける間隔が広い場合はロープを結んだ状態で)実際に取り付ける壁の高さへロープ・本体をたるませた状態で手をあててみてください。
ハンモックの底辺が70~90cmくらいの高さになるところが大人がちょうどいい位置になります。

Step01

  • 二人でハンモックの両端を持ち(取り付ける間隔が広い場合はロープを結んだ状態で)実際に取り付ける壁の高さへロープ・本体をたるませた状態で手をあててみてください。

Step02

  • 金具の位置を決めます。必ず柱の中心になるようにしてください。

    今回は床から150cmの高さになりました。

Step03

  • ドリルで下穴を開け、ネジを締めれば取付け完成です。

Step04

  • 4点しっかりとネジを締め取付け完成です。

  • 大人だけの場合はロープなしで床から70cmの高さとし、子どもが乗る時は乗りやすいよう、ロープで調節できるようにしました。

    取付け金具は3種扱っておりますが、取付け方は全て同じです。

※子どもがいる家族で使用する場合は基本的に子どもが乗れる高さに合わせてあげてください。 高い位置に設置すると無理に乗ろうとし、
バランスを崩しやすくなります。 子どもに合わせた設置でお願いします。

取り付け金具のご購入はこちら>>

▲ PAGE TOP

例)幅約250cmのところにハンモックを吊るした場合

金具を170cmに取付け

ハンモックの底辺が約80cm
ハンモックの落差が90cmで、本来のゆったりした寝心地が得られました。
乗る位置も腰あたりにハンモックの底辺がくるので乗り降りしやすかったです。

  • 大人用高さだとこれくらいで

  • 子どもと一緒に乗る場合はロープで下げてあげてください。

チェアハンモック取付け

Step01

  • まずは柱の位置をセンサーや下地チェッカーで特定してください。
    次に金具の取付け位置を決めます。金具はバーの長さ(片側50cm)も考慮し、壁から60cm以上離して設置をお願いします。

Step02

  • 金具の位置を決めます。必ず構造物(柱やコンクリートなど耐荷重性が確保されている物)の中心になるようにしてください。
    ドリルで下穴を開け、ネジを締めれば取付け完成です。
    大人だけの場合は床から70~80cmの腰の高さとし、子どもも乗る時は乗りやすいよう、子どもの腰の高さになるようロープで調節してあげてください。
    柱にしっかり取り付ければ一点でも支えられますが安全の為、二点で吊り下げることをおすすめします

  • 2点で吊るし写真のように通したロープの間に吊るす事で金具・ネジに対して斜め下方向にかかるため抜ける恐れが軽減されます。

注意事項

  • 写真のように吊るしたチェアハンモックに乗った状態で水平に回すと離した時にくるくる回り子どもは喜びますが、荷重がかかった状態で回すとU字金具(補強金具)(御社の場合本体に)に負荷が集中し、変形・破損する恐れがあり危険ですのでお止めください。
    その他ブランコとしての使用等、遊具としての機能は持ちあわせておりませんので、チェアとしてお楽しみくださいますようお願いします。

  • チェアハンモックの場合、アイ(輪になっている部分)を高さ200cm前後に設置すると腰を下ろして足が少し着くくらいとなるので乗り降りしやすくおすすめです。
    (寝心地・座り心地を重視しているため、使っていくうちに多少伸びてきます。その場合ロープで調節してください。)

    ロープのご購入はこちら>>

木に設置

  • 250cm~350cmくらいの適当な間隔の木を見つけロープをかけて設置します。
    距離が長くなるとハンモックはその分下へ下がりますので通常よりも高い位置にロープをかけてください。あて布もお忘れなく。

  • チェアハンモックの場合は枝に総重量がかかりますので充分な太さの木に設置してください。

こちらに紹介したのはほんの一例です。アイディア次第で設置できる場所は無数に広がります。
あなただけの最高のハンモックスポットを見つけてください。

▲ PAGE TOP

乗り方

ハンモックの場合

生地の中心を両手で生地を広げお尻から座ります(足から乗るとバランスを崩すおそれがあります。)
上体を生地に預け足を乗せてください。
あとはお好みのポジションでくつろいでください。本を読んだり景色を見るならハンモックと同じ方向がおすすめです。
空を眺めたり、長時間くつろぐ場合は斜めや横がおすすめです。

  • ●広げる

  • ●腰を下ろす

  • ●上体をハンモックに預ける

  • ●足を乗せて斜めに寝る

チェアの場合

両手で生地を広げお尻から座ります(足から乗るとバランスを崩すおそれがありますのでおやめください)
あとは足を伸ばせば自分の体にフィットした最高のチェアの完成です。

  • ●広げる

  • ●腰を下ろす。この状態のままでもOKです。

  • ●足を上げて伸ばす。
    よりリラックスしたい時はこちらがおすすめです。

▲ PAGE TOP

ロープワーク

梁にロープを回せる場合や、屋外で木に取り付ける場合はあらかじめロープの先端を括り通すだけで簡単に設置可能です。

  • ●ロープを半分にし端同士をほどけないように結ぶ

  • ●ロープを木に通す

  • ●通したロープの輪の部分に通す

  • ●あとはハンモックと繋げば完成です

*写真はわかりやすくするために当て布はしておりませんが、当て布は必ずご使用ください。

ロープのご購入はこちら>>

▲ PAGE TOP